食欲が沸く原因を知って、食欲とうまく付き合おう!

食欲を増進させるホルモン

グレリンとドーパミンは、食欲を増進させる作用があります。グレリンの分泌量が増える原因は睡眠不足です。人間は、眠っている間に様々なホルモンを分泌しています。睡眠時間が不足すると、質も低下しやすくなります。ホルモンはノンレム睡眠といって、深い眠りについているときに分泌されるのです。睡眠の質が低下すると、レム睡眠といって浅い眠りにつく回数が多くなります。それにより、グレリンの量が増加して食欲が増進されやすくなるのです。

ドーパミンは、ストレスが原因で多く分泌されます。ドーパミンは、満足感を得るために必要なホルモンです。しかし、ストレスがかかりすぎるとドーパミンが大量に分泌されてしまいます。そして、より多くの満足感を得ようとたくさん食べ物を食べようとするのです。ストレスが溜まるとドカ食いをしたくなるのは、ドーパミンが原因です。

食欲を抑制するホルモン

食欲を抑制するホルモンには、レプチンとセロトニンがあります。レプチンは、睡眠の質を高めることで増やすことが可能です。レプチンが増えるとグレリンの分泌量が減るため、食欲が抑制されやすくなります。

セロトニンは満腹中枢を刺激することや、ドーパミンが大量に分泌されるのを抑制する作用があります。またストレスを緩和する働きもあるため、ストレスからくるドカ食いを防ぐことも出来るのです。セロトニンは、太陽の光を浴びることで分泌されやすくなります。また、ウォーキングやジョギングなどの一定のリズムで体を動かす運動も、セロトニンの分泌には効果的です。

品川美容外科の判例について調べる