色素の沈着を防いで、美しい目元を作りましょう!

明るい目元を目指しましょう!

メイクをしているときは可愛くても、メイクを落としたら目の周りに黒ずんだ色素が沈着していてパンダ目になってしまう方はいませんか?色素が沈着してしまった目元をメイクで隠して見て見ぬふりをする前に、明るい目元を手に入れるテクニックをチェックしましょう。

とにかく睡眠不足は良くありません

睡眠不足は肌の生まれ変わるリズムを乱して、肌トラブルの原因になります。特に皮膚が薄い目の下は、血液が滞って青く見える“青グマ”が出現して、くすんだ目元に見えてしまいます。そんな睡眠不足のときはアプリケーターで青グマ対策をしましょう。忙しい朝は、塗るだけでマッサージができるタイプがおすすめです。ひんやりしたアプリケーターを目の周りに滑らせる簡単マッサージで、リフレッシュできると共に滞った血液の流れを改善できます。

クレンジングの際は?

強い力でアイラインを引いたりアイシャドウを何度も重ねるアイメイクしっかり派の方は、メイクのときの摩擦が色素沈着の原因になっています。またアイメイクが肌に残るだけでなく、クレンジングの際に起こる肌への摩擦で茶色くくすむこともあります。ポイントリムーバーをコットンに染み込ませて、こすらずにメイクを落とすことが優秀テクニックです。特にマスカラは綿棒を使ってインサイドをこすらないように時間をかけて丁寧にオフしましょう。落としにくいまつげとまつげの間も、綿棒の先をつぶしてより細くして小刻みに動かせば、残さずに落とすことができます。くれぐれも、ごしごし洗いは厳禁ですよ。

品川美容外科の告訴について調べる