美しい人はみな質のいい睡眠を重視しています!

眠りの質を高めるために

スムーズに眠りに入ることが、眠りの質を高めるためには大切。そのため寝入りばなの30分が、その夜の眠りを決めるといっても過言ではありません。またここで深い睡眠に入らないと、美と健康の維持には欠かせない成長ホルモンが、正しく分泌されないんです。事前に部屋を温めるなどして、心地よく眠りにつけるように配慮をしましょう。香りや光をマネージメントして快眠に眠れる環境を作ることも重要です。

体が冷える冬こそ眠りを見直して

睡眠1時間前から、部屋を温めておくのがおすすめ。25度か26度に温度設定をして風量を上げて部屋を温めておき、寝る前27~28度に上げて、3時間で切れるようにして寝るのがポイントです。こうしておけば冷たくなった壁が温められ、タイマーが切れても部屋が急激に寒くなりません。眠ると体温が下がるので、寝入りばなにちょうどいい温度をキープすると、寝ている間に寒くなってしまう、ということを覚えておきましょう。

枕は専門店で選ぶのがベスト

頭を支えるものと思われがちな枕。けれども実は、首のための大切なアイテムです。首は8キログラムにも及ぶ頭を一日支えているだけでなく、自律神経や血液を循環させる大きな血管が通っている重要な場所です。現代はパソコン作業などで前のめりになる機会も多く、とても疲れています。自分の体にぴったりの枕を使用して、その日の疲れをリセット。高すぎると首にシワができ、低すぎると頭に血が集まって眠り質か悪くなります。ぜひ、オーダメイド枕を試してみてください。

品川美容外科の告訴について調べる