冬でも気をつけたい!紫外線対策は夏だけじゃなく、冬もしっかり対策をしよう

紫外線には種類があります

紫外線には3つの種類があります。1つめはUVA派、2つめはUVB波、そして3つめはUVC波です。日常生活で気をつけたい紫外線は、1つめのUVA波と2つめのUVB波になります。UVA波は、すぐに肌に影響が出る紫外線ではありません。しかし、肌にダメージが徐々に蓄積していき、シミやたるみなどの肌トラブルを引き起こします。UVB波は、すぐに肌に影響が出る紫外線です。肌が焼ける現象は、UVB波による影響です。どちらの紫外線も、夏に一番多く降り注ぎます。しかし、紫外線は冬になっても、夏場ほどではないですが降り注いでいるのです。特にUBA波は、夏場の50%ほどの紫外線量を占めています。さらに、UVA波は曇り空でも関係なく紫外線が降り注ぎ、肌にダメージを蓄積していきます。

冬の紫外線対策とは?

冬の紫外線対策は、肌を保湿することです。肌が乾燥しているとバリア機能が低下しやすくなります。バリア機能とは、紫外線などの外刺激から肌を守る機能のことです。しかし、乾燥していると肌に必要な皮脂が少なくなり、肌の表面を弱酸性に保てなくなります。それにより肌のバリア機能が低下してしまうのです。冬は肌が乾燥しやすい季節のため、セラミドやヒアルロン酸などの保水性の高い成分が配合されている化粧品を使ってケアをするとよいでしょう。日焼け止めは、PA値の高いものを使用するのが効果的です。PAは数字ではなく+記号で表記されています。+の記号が多いほど、UVA波に効果的であることを示しています。

品川美容外科の裁判まとめサイト